トビタテ!留学JAPAN|文部科学省

文部科学省が2013年に開始した留学促進キャンペーンが「トビタテ!留学JAPAN」。この主な取り組みとしてその翌年の2014年にスタートしたのが官民協働海外留学支援制度の「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」です。ここでは「トビタテ!留学JAPAN」の留学支援制度で提供される奨学金についてまとめてみました。

トビタテ!留学JAPANとは?

意欲と能力ある日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す気運を醸成することを目的として、文部科学省が2013年10月に開始したのが留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」です。政府だけでなく、各分野で活躍されている方々や民間企業か らの御支援や御寄附などにより、官民協働で「グローバル人材育成コミュティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材を育成しようとするものです。

2013年6月に閣議決定した「日本再興戦略~JAPAN is BACK」において、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年までに大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)への倍増を目指すという目標がつくられました。

これを背景に、留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」の主な取組のひとつとして2014年からスタートした「官民協働海外留学支援制度」が「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」です。2020年までの7年間で、約1万人の高校生・大学生を同プログラムの派遣留学生として送り出す計画です。派遣留学生は支援企業と共にグローバル人材コミュニティを形成し、「産業界を中心に社会で求められる人材」、「世界で、または世界を視野に入れて活躍できる人材」へと育成されます。また、帰国後は、海外体験の魅力を伝えるエヴァンジェリスト(伝道師)として日本全体の留学機運を高めることに貢献することが期待されています。

トビタテ!留学JAPANの留学支援コース

大学全国コース

大学全国コースは、独立行政法人日本学生支援機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす学生を対象とするもの(指定寄付金対象事業)です。

大学オープンコース

大学オープンコースは、独立行政法人日本学生支援機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を超える学生を対象とするものです。

高校生人材コース

日本の高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、高等専門学校(1~3年次)、専修学校高等課程に在籍する日本人生徒等に対し、諸外国への留学に必要な費用の一部を奨学金等として支給するものです。

地域人材コース

「海外での実践的な留学」と「国内の地域企業等でのインターンシップ」を組み合わせた、地域人材コース独自のプログラム。地域(都道府県、政令指定都市または中核市)の産学官が連携し、プログラムの企画・運営、派遣留学生の募集・選考を実施。

トビタテ!留学JAPANのサイト

詳細については、トビタテ!留学JAPANのサイトをご覧ください。

大学生コース: http://www.tobitate.mext.go.jp/
高校生人材コース: http://www.tobitate.mext.go.jp/hs/index.html
地域人材コース: http://www.tobitate.mext.go.jp/program/region/index.html