海外留学支援制度|日本学生支援機構(JASSO)

奨学金の検索

日本の高校を卒業したら海外の大学に留学をしたいけど、留学費用がかかるので実現できない・・・。そんな方は日本学生支援機構(JASSO)が支援する海外留学支援制度の利用を検討してみることをお勧めします。また、日本の大学を卒業した後に海外の大学院で修士号または博士号を取得したいという方のための奨学金もあります。ここでは、給付型および貸与型の海外留学支援制度について、まとめてみました。

  1. 大学学部-給付型(返済不要)
  2. 大学院-給付型(返済不要)
  3. 協定派遣-給付型(返済不要)
  4. 第二種奨学金(海外)-貸与型(返済が必要)
  5. 第二種奨学金(短期留学)-貸与型(返済が必要)

海外留学支援制度|日本学生支援機構(JASSO)

1. 海外留学支援制度(学部学位取得型)-給付型(返済不要)

この奨学金は、日本の高校を卒業した後に、学士の学位取得を目指し、海外の大学に留学する学生を対象とした奨学金で、日本学生支援機構(JASSO)が、国費により学修活動に必要な経費を支援するものです。この奨学金は給付型のため、返済の必要はありません。

支援内容(2022年度の場合)

奨学金:月額 59,000円~118,000円(留学先国・地域により異なる)
授業料: US$10,000相当までは実費額が支給される(US$10,000相当を超える場合は、年間250万円を上限として採用状況により 予算の範囲内で追加支給)

対象者

*海外にある大学で学士号を取得する課程に直接進学する者
*英語力:TOEFL iBT 80、IELTS 6.0
※その他、学業成績や所得の要件があります。

採用人数

未定(2021年度採用人数45名)

支援期間

原則4年を限度

募集日程

募集関係書類の公開 2021年9月1日(水曜日)
事前登録期間 2021年9月6日(月曜日)~2021年10月7日(木曜日)13時(日本時間)
応募書類受付期間 2021年9月6日(月曜日)~2021年10月15日(金曜日)13時(日本時間)
書面審査結果通知 2022年1月上旬
面接審査 2022年1月22日(土曜日)又は2022年1月23日(日曜日)のいずれか
オンラインで実施
採否通知 2022年3月上旬
事前オリエンテーション 2022年3月頃
オンラインで実施
留学開始時期 2022年4月1日~2023年3月31日

募集要項の詳細

募集要項の詳細については、JASSOの海外留学支援制度(2022年度学部学位取得型)のページを参照してください。

2. 海外留学支援制度(大学院学位取得型)-給付型(返済不要)

この奨学金は、修士または博士の学位取得を目指し、海外の大学に留学する学生等を対象とした奨学金です。この奨学金は給付型のため、返済の必要はありません。申し込みは原則、日本の大学を通じて行いますが、条件を満たす場合は個人での応募が可能です。

支援内容(2022年度の場合)

奨学金:月額89,000円~148,000円(留学先国・地域により異なる)
授業料:US$10,000相当までは実費額が支給される(US$10,000相当を超える場合は、年間250万円を上限として採用状況により 予算の範囲内で追加支給)

対象者

*修士または博士の学位取得を目的として海外にある大学院へ留学する方
*学士以上の学位を取得した方または取得見込みの方
*英語力:TOEFL iBT 100、IELTS 7.0
*成績:GPA 3.00(最高値4.00)
*年齢:修士の場合は35歳未満、博士の場合は40歳未満
※その他、学業成績の要件等があります。

採用人数

未定(2021年度採用人数108名)

支援期間

「修士」の学位取得コース:2年(24ヶ月)
「博士」の学位取得コース:原則3年(36ヶ月)

募集日程

募集関係書類の公開 2021年9月1日(水曜日)
事前登録期間 2021年9月6日(月曜日)~2021年10月7日(木曜日)13時(日本時間)
応募書類受付期間 2021年9月6日(月曜日)~2021年10月15日(金曜日)13時(日本時間)
書面審査結果通知 2021年1月上旬
面接審査 2022年1月29日(土曜日)~2022年1月31日(月曜日)のいずれか
オンラインで実施
採否通知 2022年3月上旬
留学開始時期 2022年4月1日~2023年3月31日

募集要項の詳細

募集要項の詳細については、JASSOの海外留学支援制度(2022年度大学院学位取得型)のページを参照してください。

3. 海外留学支援制度(協定派遣)-給付型(返済不要)

日本の大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専修学校が、在籍している学生を、諸外国の高等教育機関との学生交流に関する協定等に基づいて、諸外国の学校に8日以上1年以内の期間派遣するプログラムを実施する場合、そのプログラムを支援し、資格・要件を満たす学生に奨学金を支援する制度です。応募はすべて日本の在籍校を通じて行い、また、在籍校により審査があるため、詳しくは在籍校に確認する必要があります。

募集要項の詳細

募集要項の詳細については、JASSOの海外留学支援制度(協定派遣)のページを参照してください。

4. 第二種奨学金(海外)-貸与型(返済が必要)

海外の大学・大学院で学ぼうとする学生のための奨学金で、申請およびお問い合わせは、基本的には日本の在学校または出身校で行います。ただし、高等学校卒業程度認定試験(高認)の合格者、高等専門学校の修了見込者・修了者、海外の大学の卒業予定者・卒業者は直接JASSOに申請します。海外の大学・大学院に進学する前に申し込む「予約採用」と進学後(在学中)に申し込む「在学採用」があります。

大学進学者対象

申込資格
  1. 2022年3月末に国内の高等学校・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程を卒業予定の方、または、申込手続完了時において卒業後 3 年以内の方
  2. 高等学校卒業程度認定試験の合格者、科目合格者、出願者
  3. 2022年3月末に高等専門学校第3学年修了見込みの人または申込時において高等専門学校第3学年修了後5年以内の人
貸与月額

2万円~12万円の中から1万円単位で貸与月額を選択

入学時特別増額貸与奨学金

10万円・20万円・30万円・40万円・50万円から選択

貸与期間

【予約採用】
入学年月から学位取得までの最短修業年限の終期まで
【在学採用】
原則として、申込月から学位取得までの最短修業年限の終期まで
【貸与期間に係る注意点】
海外の短期大学(準学士課程、編入学コース、ディプロマコース)における奨学金の貸与期間は、短期大学卒業(修了)までです。編入学先の大学で奨学金の貸与を受けるには、所定の手続きが必要です。
なお、海外の短期大学で奨学金の貸与を受けるには、短期大学を卒業(修了)後1年以内に、学士号取得を目的として、海外の大学に編入学を予定していることが要件となります(申込時に、編入学の意思確認を行います)。

奨学金の返還

奨学金の貸与が終了すると、その翌月から数えて7か月目に返還が始まります。

大学院進学者対象

申込資格
  1. 2022年3月末に国内の学校(大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程))を卒業(修了)予定の人、または申込時において卒業(修了)後3年以内の人
  2. 海外の大学を卒業予定の人、または申込時において卒業後3年以内の人
貸与月額

5万円・8万円・10万円・13万円・15万円から選択

入学時特別増額貸与奨学金

10万円・20万円・30万円・40万円・50万円から選択

貸与期間

【予約採用】
入学年月から学位取得までの最短修業年限の終期まで
【在学採用】
原則として、申込月から学位取得までの最短修業年限の終期まで

奨学金の返還

奨学金の貸与が終了すると、その翌月から数えて7か月目に返還が始まります。

申込方法の詳細

申込方法の詳細については、JASSOの第二奨学金(海外)のページを参照してください。

5. 第二種奨学金(短期留学)-貸与型(返済が必要)

第二種奨学金(短期留学)は、国内の学校に在学中に、海外の大学・大学院へ3か月以上1年以内(ダブルディグリープログラムの場合は2年以内)の短期留学を希望する人を対象とした貸与奨学金です。在学する学校長の推薦を得て、短期留学をする前に申し込む方法(予約採用)となっています。

国内の大学等に在学する学生の短期留学

申込資格

国内の大学等(大学、短期大学、専修学校(専門課程)、高等専門学校(4・5年次))に在学中に、海外の大学等(海外の大学、短期大学、大学院)に3か月以上1年以内(ダブルディグリープログラムの場合は2年以内)の短期留学をする予定の人で、学力、人物及び資質について在学校の長からの推薦を受け、経済的理由により修学に困難があると認められる人、下記のいずれかに該当する留学

  1. 国内在籍学校の学生交流に関する協定等に基づく留学であること(協定留学、交換留学)
  2. 留学により取得した単位が、国内在籍学校の単位として認定される留学であること(認定留学)

他に学力基準および家計基準を満たす必要があります。

貸与期間
  1. 3か月以上1年以内で、JASSOで認めた留学の期間
  2. ダブルディグリー・プログラムで学位取得に1年以上の期間を必要とする場合は、2年以内でJASSOの認めた留学の期間
貸与月額

2万円・3万円・4万円・5万円・6万円・7万円・8万円・9万円・10万円・11万円・12万円の選択制

留学時特別増額貸与奨学金

10万円・20万円・30万円・40万円・50万円の選択制

国内の大学院に在学する学生の短期留学

申込資格

国内の大学院(修士課程、博士課程)に在学中に、海外の大学等(海外の大学、短期大学、大学院)に3か月以上1年以内(ダブルディグリープログラムの場合は2年以内)の短期留学をする予定の人で、学力、人物及び資質について在学校の長からの推薦を受け、経済的理由により修学に困難があると認められる人で、下記のいずれかに該当する留学

  1. 国内在籍学校の学生交流に関する協定等に基づく留学であること(協定留学、交換留学)
  2. 留学により取得した単位が、国内在籍学校の単位として認定される留学であること(認定留学)
  3. 大学院在籍中の学生の研究のための留学で、国内在籍学校長が有意義と認めた留学であること

※他に学力基準および家計基準を満たす必要があります。

貸与期間
  1. 3か月以上1年以内で、JASSOで認めた留学の期間
  2. ダブルディグリー・プログラムで学位取得に1年以上の期間を必要とする場合は、2年以内でJASSOの認めた留学の期間
貸与月額(2020年度の場合)

5万円・8万円・10万円・13万円・15万円の選択制

留学時特別増額貸与奨学金(貸与)

10万円・20万円・30万円・40万円・50万円の選択制

申込方法の詳細

申込方法の詳細については、JASSOの第二奨学金(短期留学)のページを参照してください。